包茎の手術の種類とは?

快感が低下しない包茎手術

包茎手術と一口に言っても色々な種類が存在していますが、その中でも最もポピュラーなのが「環状切除術」という方法です。
この方法は、ペニスを最大限に伸ばした状態において余分な包皮を環状に切り複合するという方法になります。
環状切除術のメリットは、いわゆる裏スジと呼ばれる部分を残すことが出来るということです。
一昔前の包茎手術では裏スジも一緒に切ってしまうことがありましたが、裏スジは快感を強く感じる部分でもあるので切ってしまうと快感が低下してしまうというデメリットがあったのです。
しかし、現在では裏スジを残す方法が基本になるので、快感をしっかりと感じることが出来る状態で包茎解消が可能になっています。
単純な手術なので失敗のリスクもほとんどないのですが、仕上がりがツートンからーになってしまうので包茎手術をしたことがあからさまになってしまうのがデメリットとなります。

仕上がりがきれいな方法

仕上がりがきれいな包茎手術には「亀頭直下縫合手術」という方法があります。
亀頭直下縫合手術は亀頭のすぐ下にくる余った包皮を切除して、亀頭のすぐ下で縫合するというものです。
ツートンカラーになりにくいので包茎手術をしたということがわかりにくく、見た目が良いのがメリットです。
しかし、費用が高額な傾向にあることや感度が下がるというデメリットもあります。
ただし、早漏で悩んでいる人は感度が下がることで早漏対策にもなると言われています。
また、高度な手術になるのですが、環状切除術と亀頭直下縫合手術を組み合わせて手術をするというケースもあります。
感度を低下させることもなく、ツートンカラーにもなりにくいので見た目も機能的にも優れた方法です。

包茎治療が可能なクリニックを選ぶ際には、事前に各地で定評のある医師の経歴や術後の経過などを確認しましょう。