手術が必要な包茎とは?

包茎には種類がある!

コンプレックスに感じている男性も多い包茎ですが、一口に包茎と言っても種類が存在しています。
包茎の種類は3種類あって「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」になります。
その3種類の包茎の中で、日本人の約7割が該当すると言われているのが仮性包茎です。
仮性包茎とは、亀頭は包皮で覆われているものの手で剥けば亀頭を露出させることが出来る状態のものです。
ただし、仮性包茎でも勃起すれば自然と亀頭が露出するという軽度な仮性包茎もあれば、勃起しても亀頭が露出しない重度まで幅は広いです。
包皮に覆われていることで衛生面には注意しなければなりませんが、清潔にさえしていれば基本的に手術をする必要はないのが仮性包茎になります。

手術が必要なのは2種類

仮性包茎は基本的に手術をしなくても問題ない包茎の種類ですが、真性包茎とカントン包茎は手術が推奨される包茎の種類です。
真性包茎は亀頭を覆った包皮を剥くことが出来ない包茎になるのですが、剥けないので亀頭部分を洗う事ができずに汚れを溜め込んでしまいます。
その結果、先細になったりするだけではなく陰茎癌のリスクにもなりますので、手術が必要になるのです。
カントン包茎ですが、こちらは仮性包茎同様剥く事が出来ます。
しかし、カントン包茎の場合は包皮口の出口部分が狭く無理に剥いてしまうと包皮によって亀頭の根元を締め付け元に戻すことができなくなってしまいます。
鬱血して腫れてしまったりすることもありますので、手術で解消させる必要が出てきます。

真性包茎は勃起しても包皮が殆ど後退せず、性器全体が包皮に覆われている状態を指します。尿や精液などの汚れが蓄積して不潔になりやすく、細菌感染のリスクも増大するので速やかな包皮の切除手術が必要です。